料理が下手になっている?

楽しくもあっという間なお正月が過ぎ、日常生活に戻るとふとキッチンで右往左往している自分。あれはどこだ?調味料はどこだ?とまるで結婚前の慌ただしい料理修行の一コマのようだ。あの頃は可愛らしかったと推測出来るが今は笑っちゃうくらい可愛らしくないのが自分でも分かるくらいだから尚のこと笑える。

やれやれと見守られながら日常生活にシフトし、料理らしいことをしてみたけれど味、腕共に落ちている。自分でもこれは自分の味付けかな?というくらいに鈍ってしまった。

お正月前までは嫌という程立っていたキッチンにも、出かけっぱなしのお正月だと自分以外が作った味に慣れてしまい、味付けが濃くなりがちに。毎年の事だから大目に見てねという気持ちと、いつになったら私はプロの主婦となるのか遠すぎるゴールにため息が出てしまう。

それでもさすがにコツを掴むとよいスピードに乗れて、家事も大分普通の早さでこなしつつある。

こうして毎年同じことを言って過ぎていくような気がしてならない。

SNSでもご購読できます。